手のシミが消えた!運動で代謝が上がったため?!

このところ、体に驚きの減少が起こっていることに気づきました。

実は寄る年波で、私の手の甲には老人のような小さな薄茶色のシミがいくつもありました。

おそらく1~2年前ぐらいから出てきたのだと思いますが、定かではありません。
初めて気づいたときには、それはショックでした。。。

それで、中年なのに老年のように見られるのがいやで、手の甲のシミを人に見られないように隠すように、気にしていたんです。

で、最近ふと、この手の甲のシミが消えてることに気づいたんです!

いや、何度見ても見間違えではなく、手が日に焼けてシミの色が目立たなくなっている、とかでもありません。

消えてます。

おそらく、ボクシングジムに行って運動を続けているうちに、代謝が上がって肌がターンオーバーしたせいだと思うんです。

ターンオーバーとは、直訳すると「物事の入れ替わり」の意味なんですが、肌のターンオーバーとは、肌が新陳代謝して入れ替わることです。

肌の細胞が常に誕生して、代謝しながら押し上げられていって、次に平べったい角質として角化する。やがて垢となって剥がれて落ちる、という活動です。

その活動の中で、おそらくシミが消えてしまったんです。
(あるいは、薄くなって目立たなくなったのかも知れませんが)
言い換えると、それまでは肌の代謝がなく、ずっとシミが出ている状態のままだったのでしょう。

もっといえば、「体全体に代謝が少ない状態だった」のかもしれません。
この代謝のない状態がおそらく、「老化」ですよね。

恐ろしくも事実としての老化を実感するとともに、「代謝をアップさせることは、若返ることにつながる!」と思えるようになりました。

だってそうでしょう、実際にシミが消えているんだから。

体も脳も、使っていって代謝をよくして、常に若くありたいものです。
人間はやがて死ぬんですから、なるべく元気な時期を長く生きたいですよね。